凛舟と精神安定の関連性を検証した実験

従来のスピーカーでは、高域が距離とともに大幅に減衰するのが一般的です。一方で、凛舟は小さい音量で離れた距離でも、この高域減衰が非常に少ないことが分かっています。これはバイオリンがマイク無しでホールに響き渡るのと同様の原理によるものです。

音源から10cmの距離ではほぼ同等の高域特性を有する従来型スピーカーとの比較実験では、1m離れた時に従来型では20KHz以上がほとんど計測できないのに対し、凛舟では可聴帯域外の高域をもしっかり伝達しています。

また、26名(5名の聴覚障害者を含む)の被験者を対象とした、脳波のフラクタル指数を解析した長岡技術科学大学の実験では、24bit・96KHzの凛舟専用ハイレゾ音源を凛舟で再生した場合、従来型ハイレゾスピ−カーでの再生と比較して、「安らぎ・心地よさ」といった感性を35%増加、「不安、恐れ」といった感性を55%減少させることが分かりました(図1)。特に「安らぎ・心地よさ」の感性は、聴覚障害者でも同様の傾向が見られました。

また、感性変動率のトポグラフィ画像では、凛舟では「安らぎ・心地よさ」を感じる右脳前頭野(F4)が活性化され「不安や恐れ」を感じる左脳前頭野(F3)が不活性化されているのに対し、従来型スピーカーではその差分がほとんど見られないのが分かります(図2)。

脊髄反射を除く全ての刺激は脳で処理されるということを前提とした場合、耳だけでなく全身のあらゆる感覚器官を通じて、凛舟の音が人間の心と体に何らかの安らぎをもたらしていることをこの実験は示しています。

凛舟と睡眠との関連を検証した実験

18歳から76歳までの被験者12名(男性10名、女性2名)を対象に、脳波計を用いて2晩の睡眠時の脳波を測定しました。

1晩目:入眠前30分、入眠後60分音楽あり
2晩目:音楽なし
共通:室温、湿度、部屋の環境

楽曲には被験者の中で誰も馴染みのない、メロディの明確でないハープの即興演奏録音(24bit96KHzにて収録)が用いられました。

その結果、12人中10人(83%)の被験者においてフラクタル次元の睡眠時間平均(前半) が「音楽あり」の方が「音楽なし」に比べ低下していることが確認されました。(図1)また、 睡眠時間全体での平均では、12人中8人(66.8%)の被験者が「音楽あり」の方が「音楽なし」に比べて低下していました。

ノンレム睡眠時のステージIVにおいて検出される脳波の50%を占めるデルタ波と、脳波のフラクタル次元は負の相関関係があることから、フラクタル次元の低下は、ノンレム睡眠が優位であったことを示しています。

(α波、デルタ波といった脳波はいずれも70Hz以下の非常に低い周波数であり、実際の脳活動はもっと高次な周波数で行われている可能性があること(本実験のサンプリング周波数は1KHz)、また脳の感性処理と必要十分条件にないこと(快=α波増加とは限らない)から、フラクタル次元を脳活動の指標とすることは高い信憑性があるといえます。
なお、通常よく言われるα波と「リラックス音楽」の相関について、科学的な根拠は確立されていません。)

音楽あり/なしでの睡眠全体を通じた感性変動率を見たところ、「音楽あり」の方が「音楽なし」に比べ差分で40.3%「快」を感じていることが示されました(p<0.05、図2)。

起床時の7段階アンケートによる睡眠の質の評価では、全ての項目において「音楽あり」の方が「音楽なし」に比べて「良かった」という平均値となりました。不安定感の改善、すっきり感の項目で大きな差が見られました(図3)。

同研究室は脳の活性度を示す「フラクタル次元」が、ノンレム睡眠時に発生するデルタ波と負相関関係にあることを発見しました。フラクタル次元を用いると、従来の脈拍・呼吸・体動等を基にした睡眠測定に比べて、より実態に近いデータを得ることができます。
先行研究では「音楽は常に脳に刺激を与える」ことが分かっており(※)、睡眠の質が下がる可能性がありますが、本研究では凛舟のハイレゾ微振動サウンドは、ノンレム睡眠の割合を増加し、睡眠の質を向上することが示されました。

(参考)ノンレム睡眠時には脳が休息し、副交感神経が優位となりアセチルコリンの分泌を促進します。アセチルコリンの低下は自律神経失調症、アルツハイマー型認知症となって現れます。また飲酒による睡眠促進は、アセトアルデヒドによる脳活動の抑制により寝つきは良くなっても、反動で睡眠後半にはレム睡眠が増加し、浅い眠りと中途覚醒を招くだけでなく、アルコール依存症への危険性もあります。また睡眠薬には依存性のリスクがあります。

※    松井 琴世 et al. 2003 音楽刺激による生体反応に関する生理・心理学的研究 臨床心理学研究 2003.3. vol.29 No.1 pp.43-57

????.jpg